製品情報
製品一覧 プラント紹介 パーツ/付属機器

4Gのパワーを誇る円筒型振動ふるい

V3セパレーター

V3セパレーター

V3セパレーターは、ふるい分けに遠心力・振動・重力を相互利用した世界唯一の振動ふるいです。
大きな遠心力と独特の振動機構により、これまで困難とされていた処理物も高い効率でのふるい分けが可能です。

特長

大きな遠心力と独特の振動機構により、同じ網面積を持つ水平振動ふるいの2~4倍の処理能力を発揮
小粒子、特に5mm以下の高水分で付着・目詰まりし易い処理物の高効率ふるい分けを実現
乾式はもちろん、水洗いなどの湿式ふるい分けも容易
全閉構造のために粉塵発生を抑制
網ユニットやバイブレーターの交換が容易
設備配置がコンパクト

処理対象物

土砂・石 石炭
処理物例
石炭、コークス、石灰石、焼却灰

構造

構造 V3セパレーターの構造は回転しながら半径方向に振動する竪型の円筒網、回転と振動を発生させるパワーユニット、全閉構造を構成し全体を支持する本体ケーシング、投入排出シュート、そしてエアクリーニング装置から構成されています。

パワーユニット:

円筒網面に4Gの遠心力を発生させる回転と、網面に直角方向に8~10Gの振動加速度を発生させる装置。

エアークリーニング装置:

網面を常にエア洗浄し、目詰まりのない連続操業を可能にする装置。

一般の水平型振動ふるいや傾斜型振動ふるいは、平面上の網の上に処理物が供給されて、ふるい分け作業が行われます。
この時、粒子が網を通過させる力は重力だけですが、円筒竪型振動ふるい「V3セパレーター」は網を回転させることで重力の4倍の力でふるい分けることを可能にしました。
これにより、従来の振動ふるいの2倍以上の処理能力を発揮することができます。
構造

製品に関するお問い合わせはこちらから

関連情報

サポート